外国人風カラーにするには必要?よく聞くダブルカラーって?

おはようございます。
東大阪小阪駅前美容室 float(フロート)小阪店 (東大阪市小阪1-7-1 近鉄ビル2F (0643087833)
店長 stylist
三児のパパ美容師松本です。

外国人風カラーにするには必要?

よく聞くダブルカラーとは?

ダブルカラーとは

文字通りダブルという言葉にあるようにカラーの行程を二回行う技法です。1度のカラーでは表現できない透明感のあるカラーにしたい時にブリーチで髪の黒い部分(メラニン色素)を脱色しさらにお好みのカラーを入れることでイメージに近い髪色にすることができます。

では実際の行程をお伝えします。

Before 

明るさでいうと9トーンぐらいの状態 もともと赤味、オレンジ味が強いベース
ブリーチ塗布
タイム放置します。
一度シャンプーするとこちら
ブラウン味が消えてしっかりと明るくなりましたね。ブリーチをした状態ここからお好みのカラーを重ねて透明感のある外国人風カラーにしていきますが
フロートではさらにひと手間かけます。色を重ねる前にシャンプー台で綺麗にカラーが入る土台つくりのため黄色味を消す行程をいれます。
流した後はこちら
黄色味、オレンジ味が少し消えて白っぽくなりましたね。

この後お好みのカラーを入れて完成するとここちら⬇︎

透明感あるカラーに!

外国人風カラーでもしたいデザインに合わせてダブルカラーもしくはもう一度ブリーチが必要な場合もございます。
お悩みの方は是非イメージを持って美容師さんにご相談ください。今はデザインによっては全頭ダブルカラーしなくても1回のカラーで外国人風カラーにできる方法もございます。そちらは次回に続く。



ご予約、ご質問はこちらから








0コメント

  • 1000 / 1000

【大阪東大阪】ショート、ボブスタイルのオーダーは8割を超える、小顔カットが人気。キッズスペース完備美容室float(フロート)松本康宏ブログ

東大阪市小阪kidsスペース完備美容室float(フロート)で店長してます。男3人のパパ。美容師松本康宏です。顧客さまの8割はボブ、ショートスタイル。バッサリカット率もNo. 1です。デザインカラー 。赤みを抑えたアッシュ、ベージュカラー得意です。しっかりとしたカウンセリングでライフスタイルに合わせてヘアーのご提案させて頂きます。ブログではリアルサロンワークやケアの方法などお伝えしていきます。